2016 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2016 07

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

軽い人生論を(漫画紹介)

 【18//2016】

どうも、かいやです。

まずは謝ります。明るくはないです。(そして連投スマソ

久々の漫画紹介です。
最近やっと、「Y氏の隣人」という漫画(全19巻)を読み終えました。

ラスト

大丈夫です。40~50歳くらいの方々が読んでいた漫画らしいので知らなくて当然です。
知ったきっかけは、親父が読んでいたからです。


藤子不二雄Ⓐの「笑うせえるすまん」や「世にも奇妙な物語」が好きな人は間違いなく好きになれる作品です。

わらぅ


ストーリーは一話完結型で、背景は日本のバブルが崩壊した少しあと、受験戦争が激しく、就職氷河期でありながらリストラも当然のように起こりうる時代です。
物語の主人公は、あるときは学生、あるときはサラリーマン、またある時はおじいさんになります。

人間誰しも悩みは抱えているものです。そして、ふと、ため息をこぼしてしまうことがあります。

そんなとき唐突に現れるのが、伝道師ことザビエールという人物。
サムネ

なんでも、不幸な人間に幸福をもたらしたいと話を持ちかけるところからこの物語は始まります。

大抵、主人公は現状が不満であるとぼやき、そこでザビエールは起死回生のための不思議なアイテムをくれます。

そのアイテムはその時々でいろんな効果をもたらし、薬にも毒にもなるものです。

主人公は果たしてそれをどう使って現状から脱するのか....

というのが大まかなあらすじです。(私個人のあらすじ書きなので間違ってたらゆるちて


作品の中で、特に印象深かったのが「善」と「悪」の対比です。

善行をたくさん積むと、それだけ後で良い事象として帰ってくる。
一方で、悪行をおこなっていると、後でそれだけ自分に不幸な事が降りかかってくるというものです。

これは意識的に考えても、もちろん絶対ということは無いと思いますが、一理ある考えだなぁと思うようになりました。

また同様に「幸」「不幸」の50:50の話もなんとなく分かるような気がします。(6thSense

正直、「それはねぇーよ!俺は不幸8割だ!」って言う人間は気づいていないのか、不幸との等価交換しているものが意識下に無い、或るいは本人にとって価値が無く社会的な価値であるものなんではないかなぁと思います。

これは私の思う事ですが、不幸だー!って言ってる奴はそれまで幸福だったからそう言えるんですよ。(至言
平常、安定は幸福な部類だと思います。

幸福の定義は人それぞれあると思うので、これ以上は言いませんが、とにかく悪行を重ねることは避けるべきだと私は思っています。

やってしまったときは善行をして±0にしましょう。

私のこれまでの人生は激しい凹凸は特には無いですが、やはりそれは小規模の善行、悪行を重ねた結果だと思ってます。

誰にとって、善行なのか、或るいは悪行なのか、なんて考えだしたらエゴでしかなくなるので、損得はそんなに気にせずそれとなしに善行を行い、悪行を避けようと心がけるようにしています。

「情けは人の為ならず」という言葉を久々に聞いて、これからは少しでも善行を積んでいきたいと思い返しました。

やっちゃったときは....しょうがないね!

結論としては、一理あるなぁ(コナミ)というだけで根拠はこれっぽっちもないんで気にしないでください。
精神論のお話です。

なんで宗教はいってんの!????っていう質問くらい無意味な事なので聞き流してもらっても構いません。
(私は佐奈を愛でる一人の会で会長を務めています。

一つ、勘違いをしてはいけないのは、(私もそうでしたが)努力は善行でも何でもありません。それは自分自らの成長のためであって、努力をしないで不幸だというのはお門違いだということです。

私は努力とは、その幸と不幸のそのものの大きさを変えるものだと思っています。

例えばですが、Fラン高卒のフリーターの方とEラン大卒サラリーマンの方の収入でお話しします。
フリーターが月頑張って10万ちょいの稼ぎである一方で、サラリーマンは20万とちょっとと約二倍の計算です。(3秒のかいや調べ

この時フリーターの方が「小給料で不幸だーー!」というわけです。
ですがバイトは正社員と違い転々と次のバイトを探すことができ、収益も多少は差が無いはずです。(そうしておきます

一方でサラリーマンはそれなりに努力をつんで正社員の立場にあります。
ですがリストラという言葉があり、絶対的立ち位置ではありません。転職も決して楽ではありません。

今回は学歴で努力値を見えるようにしましたが、決して幸と不幸の比率は変わらない(50:50→50:50)ですが、努力次第でその総合の値は増やすことができ(100→1000)、幸はより良く(+100→+1000)、不幸はより悪く(-100→-1000)なるのです。(と思うのです

※あくまで、仮説であり、決してフリーターの方が努力をしていないという話ではありませんのでご了承ください。

退屈な私の人生論はこの辺にしておきます。


話を戻しまして、Y氏の隣人はザビエール以外にも薬屋、化粧品屋、天使、鬼など様々な人(鬼?)らにそんな逆転の機会を与えられます。

そのアイテムを私利私欲のためか、あるいは身を削り社会に幸福を与えるためか、そんな人々の人間性を描いた作品です。

よろしければ、暇つぶしにどうぞ。

Are You Happiness?
スポンサーサイト

Category: 漫画

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

生存報告、並びにブログの再確認

 【18//2016】

お久しぶりの方はお久しぶりです。
初めましての方は、はじめまして。

かいやと申します。

なんだかんだで、しぶとく生きております。

前回の投稿が、2015/7/1更新...おっと一年はギリギリ立ってませんでしたね。セーフです。

長らく投稿していなかったのは特に理由があったわけではありませんが、ゲーム制作を終えて燃え尽きたというのと、いろいろ忙しかったのがあったのかもしれません。

最終投稿からその後の今日までいろいろありました。

学業に、コミケに、インターンシップに、ライブに就活に...(いつのまに淫夢にどはまりしてしまっていた...

趣味が無くなって来ていることを実感しつつも、就活を終えて今に至ります。

エロゲ、ソシャゲ全般、アニメ(今は2タイトルくらい)、艦これ、ラノベあたりはもう全くと言っていいほど手を付けなくなりました。

何といっても、この一年で得たものはいわゆる「コミュ力」です。(あと汚い社会的な立ち回り方

もう、多分当時と比べ物にならないほどなんか話せる気がします。(語彙力は大差ないです。

逆に、当時はマイナーなことを深く掘り下げられた点ではいいんですが、それが広く浅くなった感じです。(深くないです

ブログ始めた当初を振り返るとやたら草を生やしまくって、「エロゲ―うっひょっひょ~~WW」とかいう感じだったんですが、どうでしょう、大学生活の中で成長できたんですかね。

なんていうか、やたらプライドが高すぎて得意な分野としてエロゲをやってた感じはありますが、もうあれですよ、佐奈一筋ですね。

6/8は佐奈をもちろんお祝いさせていただきました。

趣味の一つじゃないですけど、「あ~、ブログ書いてたっけな...」って感じで今指を動かしております。

何かやり終えて燃え尽きた後、次の目標が遠いとなおさら動く気がしません。

他にはヲタクっぽい事以外なかなか頭に浮かばず日々研究以外どうしようかと、悩んでます。(研究も手が動かないです

大学の友人と今のアニメの現状について討論する機会が有りまして、そこで知ったのは、もう我々の世代はアニメ社会では「老害」であるということです。

というのも、今の子たちはS・A・Oからスタートであるのに対し、我々はハルヒなんですよ。そして、今のファーストフードアニメと呼ばれる生産性を重視したアニメの列挙放映。

つまり、今の子たちにはファーストフードアニメがマッチしているのに対し、らきすたやハルヒなどで既に味わってる我々には不満なのです。(少なくとも私は!!

タイトルも違えばストーリーも登場人物も違うので、もちろん「同じもの」ではないんですがどうも退屈です。

とはいえ当然異色で面白いのもあるので観ますが、やはり古いタイトルを引っ張ってくる方が最近は多いです。

なので、「可愛いキャラクター」だけの作品は今後見ることはなかなかないかもですね。(キャラクター単体として愛でることはありますが。

なぜ仮にもヲタクだった奴がこう嘆くのかと申しますと、好きな絵師さんの挿絵で買ってた作品の内容が微妙であるはずなのに絵師さんパワーによりアニメ化の部数に達したため、冷めました。

いや、いいんですけどね、アニメ化。内容が面白ければ。

そんなこんなで行きたい企業もコンテンツ系からは離れましたね...


さて、悲しい話ばかりな上に久々だったため、程度が分からず長文になってしまったかもです。

次回は明るい内容で頑張ります。

また、今後は不定期更新の予定です。(以前からですが


P.S. そういえば誰かが、私からヲタク趣味を取ったら何が残るんだとか言ってましたね...残ったのは退屈と虚無感でした。

Category: 日記

Comments (3) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。